ただのジャニオタ日記

アラサーでエイターでジャニオターのyazaaiが日々思ったことを、そりゃあもう勝手気ままに書き連ねるだけの日記です。

オタの私が望むSMAP解散騒動の真相

自分の中でやっと冷静に考えをまとめられそうなタイミングになったので、

今回の「SMAP解散騒動」について書きたいと思います。



私がSMAPと出会ったのは中学2年生の頃。

何がきっかけかと言われても、もう何にも思い出せないのですが、私の人生はSMAP一色、木村拓哉様一色でした。
(ちょっとだけ思い出語ってもいいですか…? ウザい!? こんなタイミングなので、どうかちょっとだけお付き合いを……!)

 

情報の伝達が恐ろしく遅い田舎に住んでいた私は、木村くんが「キムタク」と呼ばれ始めたことを本人から聞きました(あ、Radioね)


当時は本人があまりそのニックネームを気に入っていないご様子だったので、周りのお友達にも「キムタクって呼ばないで!」なんて言っちゃうくらい、痛…じゃなかった。純粋なファンでした(まだ子供だったので許して)


人生で初めて行った名古屋レインボーホール(←現・日本ガイシスポーツプラザ)のコンサートでは、どんな風に乗ればいいのかわからず、お友達と一緒にただぼんやりと彼らを見つめていました。でも、めちゃくちゃ楽しかった!

 


…と、まぁ、こんな感じで幕を開けた私のジャニオタ人生。


そんな私の第一次”ショックから立ち直れない期”は、

2000年問題(と私の中では呼んでます)

 

木村拓哉の結婚!(しかもデキ婚)

 


「もうイヤ! つらい! つらすぎるーー!! 

絶対ファン辞めるーーー!!!」



と思ったはずなのに、翌年からもめっちゃライブに参戦しているから不思議☆


その後も、1人お休みしたり、1人お休みしたり、いろいろ衝撃的な局面はあったのですが、今回の騒動は本当に驚きました。

 


今までも、「キムタク独立!」って号外が出たり、解散説が流れたりしたことは幾度となくありました。

でも、今回はなんだが雲行きが怪しい…。

 

そんなゾワゾワした感じがあったんですよね。今思うと、何でなんだろうと不思議ではありますが。

 



前置きが長くなってすみません。

そんなこんなで、いよいよ本題です!



真相に迫る見解は、私なんかより事情通でおエライ方々がたくさん書いたりしゃべったりしていると思うので、

私は、私の都合がいい解釈をただただ妄想で!書き連ねたいと思います

(ここまで引っぱっておいて、ただの妄想を書くだけっていうオチですみません。。)



私が今回のことでいきついたシナリオは2つ。



1、SMAPオリンピック開会式、ガチで取りに行きますSP

 


2、中居正広、ガチで派閥撤廃しますSP

 


です!!

 



【1、SMAPオリンピック開会式、ガチで取りに行きますSP】

これは、SMAPが「パラ駅伝 in TOKYO」にゲスト出演したことが、私の中での大きな妄想材料です。


「観覧募集」のメールが届いた時、私が最初に思ったのは

 

「2020年の東京オリンピックへの布石だな」

 

ということでした(汚れた大人になってごめんなさい)。

 

 

東京オリンピックの開会式でパフォーマンスすること、もしくは何らかの形で東京オリンピックに関わることは、アイドルやアーティストにとっての悲願であり、ステイタスだと思います。

 


誰もが狙っているイス。

 


そこをガチで取りに行くには、今から地道な活動をしなければいけないのだな、と思ったんです。



「あれ? この人なんで紅白出れてるの?」
「あぁ、NHKで番組やってるもんね」

的な感じで、


「何でSMAPなの?」
「あぁ、パラリンピックのサポーターやってるもんね」

という国民を納得させる実績や活動が必要なのだな…と。



もちろん、本人達はそんなこと思ってないと思いますよ! 純粋にパラリンピックを盛り上げたいだけだと思います。

 



ただ……。

 


もしも今、世間を騒がせている敏腕マネージャー「I氏」が壮大なシナリオを思いついたとしたら……(注:何度も言いますがあくまで妄想です

 

 


東京オリンピックの開会式でSMAPにパフォーマンスをさせたい!」

 

 

「でも正直、このまま何もしなければ選ばれる可能性は低いわ…。そうだ、パラリンピックの応援隊になって、今からスポーツを地道に(公式に)盛り上げていきましょう!」

 

 

※この辺りで国立競技場の設計に国民猛反対などが勃発

 

 

「このままもし、SMAPが選ばれたとしても国民に反感を買ってはダメだわ。世論で変更になる可能性もあるし、仮にパフォーマンスできたとしても、その後のSMAPの人気が落ちてしまう。国民みんなが納得するような選ばれ方でなければ……」

 

 

「……フフッ。SMAP、解散します!!!

 

 



どーですか!?

今回の一件で、国民の誰もが「SMAP解散しないで!」「SMAPは日本の宝!」だと気づきました。誰1人「解散すればいいじゃん」という人はいなかったんです。


この風潮の中で、もしも「東京オリンピックではSMAPにパフォーマンスをしてもらう」という決定が下されたら、反対する人はいるでしょうか!?



正直、何もないままに決まったら「ゴリ押しだ」「癒着だ」「歌下手なくせに」「日本の恥だ」なんて心ない文字がネット中に踊ったと思います。


でも、解散を乗り越えた今なら「応援します!」という声で溢れるのではないでしょうか?
これが、計算されたシナリオだったとしたら…。天才すぎます。恐いほどに。

 


ただ、もしもこんなことが裏で計画されていたとしても、I氏がすごいことに変わりはありません。

 

なぜなら、

 

 

SMAPを開会式に立たせるために、自分の業界人生を断つ」

 

 

という決断をしたことになるからです。

 


そもそもこのシナリオを成立させるには、大きなポイントがあります。

それは…



SMAP本人たちの望みで解散してはいけない」



ということ。


SMAPは、仲がいいです。

木村&中居の2TOPも、仲がいいです。

もちろん、電話したりご飯食べに行ったりする仲ではないと思うけど、ここまで苦楽を共にしてきた、同い年でグループの最年長コンビが、今さら

 

「アイツのこと嫌いだから解散する」

 

って言いますか!?

 


はい、絶対ありえません(キッパリ)

 


そこまで子供じゃないし、そこまで仕事をナメてる人達じゃないと私は思っています。


だからそもそも、解散理由をメンバー本人達の意向として発表するのはムリがあるのですが、それでも、どんなに腑に落ちない理由であっても、本人たちが「そうしたい」と言えば、

「だったら仕方ない」

「私はこれからも応援していく」

という気持ちに落ち着くのがファンというものです。



でも、この「SMAPオリンピック開会式、ガチで取りに行きますSP」のシナリオを成立させるには、それじゃダメなんです!!

 


「メンバーも解散を望んでいないけど、どうにもならない」

 

という流れじゃないと、「解散しないでーー!」という声が大きくならないんです。

 



そこで、今回の騒動ですよ!

 


会社のパワハラとか、4人だけ独立とか、いろんな報道がされましたが、

 

メンバーの誰かが悪者になることもなく、(←ここ重要)

ファン同士が対立することもなく、(←ここも重要)

 

見事に「解散しないで!」という国民一丸となった声を勝ち取りました。これが計画的だとしたら、本当に見事です。

 


ただ、この結末がたとえシナリオ通りであったとしても、I氏は元のポジションには戻れません。これはもともとそういう筋書きなんです。


そう考えると、敏腕マネージャーはとんでもなく敏腕で、愛に溢れています。。(脳内で創造した美談に涙…)



で、こっからまだ妄想は続くのですが…(私の妄想力、恐い!? キモい…??)

 


「誰がどこまで知っていたか?」

 

ということ。



私の中では、中居&木村コンビは知っていたと踏んでいます。

 

だって、あの中居正広が、不動のエース木村拓哉が「オレもジャニーズ事務所、辞めるわ」という決断を下していない段階で、自分の立場を決めると思います?? 

もしメンバーみんなの気持ちが揃わなかったら「解散」になっちゃうかもしれないんですよ?

 

そんなこと、絶対にないと思うんです。

 

だから、二人は計画を知った上で“乗った”んだと思います。


きっと、お世話になったマネージャーさんの悲願であるオリンピックでのパフォーマンスを勝ち取ることが、ここまで育ててくれた彼女への恩返しだったんですよ!

(またしても創造のストーリーで涙…)

 


で、


中居「オレが独立派のリーダーってことにするから、木村は残留派な」

木村「は!? オレが独立する方がリアルでしょ(笑)」

中居「そうなんだけども(笑) あんまり信憑性が高すぎると、『やっぱ戻ります』って時に説得力ねーべ?」

木村「まぁ…な」

中居「木村は、SMAP解散の危機を救ったヒーローとしていてほしいわけよ」

木村「なんだそれ(苦笑)わかったよ」

 

的な話し合いがなされた!(ハズ! 夢の空間!! 生で聞きたい!←)

 


で、下の子たち3人は、まんまとお兄ちゃんズに乗せられたというわけです。


もちろん、メリーさんやジュリーさん、ジャニーさんもこの計画は知りません

(いや、もしかしたら知ってたりして…? 知ってて悪役を引き受けたとしたらジャニーズという企業は末恐ろしい……)

 


びっくりしたり、泣いたり、CD購買運動に参加したりしてくれたファンへのお返しは、2020年の東京オリンピック

 



こんな壮大なストーリーだとしたら、涙なしには語れません。

 


無理は承知で、真相はこういうポジティブな展開だったらいいのにな~と心の中で願っております。
私が大好きなジャニーズ事務所ブラック企業のように語られるは、やっぱり悲しいから。。



思いが溢れすぎて長文になってしまったので、【2、中居正広、ガチで派閥撤廃しますSP】は、また次回!


私の夢物語にお付き合いいただき、ありがとうございましたーーーー!!!