ただのジャニオタ日記

アラサーでエイターでジャニオターのyazaaiが日々思ったことを、そりゃあもう勝手気ままに書き連ねるだけの日記です。

すばるくんが退所を決めた理由を私なりに考察してみた

2018年4月15日。
渋谷すばるジャニーズ事務所を退所する。

 

そんな現実が突然やってきました。

 

 

メンバーがグループを抜けたり、ジャニーズ事務所を辞めたりすることは、昔に比べて珍しいことではなくなったけれど、「まさかエイトが…」「まさかすばるくんが…」というのが正直な気持ちでした。

 

世間一般から見れば、すばるくんはアイドルらしくなくてロックバンドのボーカルのようで、バラエティ番組に出ることも似合わないし、ジャニーズの中でグループ活動をしていることも似合わなかったのかもしれません。

 

だからツイッターなどでは、「この人がソロで活動したいといってもそんなに驚かなかった」という感想も見かけました。

 

でも、エイターとしてガッツリ彼らを見て来た人たちはみんな、

「なんであのすばるくんが?」

と信じられない気持ちでいっぱいだったと思います。

 

あんなにバラエティが大好きで、笑いのセンスもあって、なによりエイトのみんなが大好きで、エイターのことも大切に思ってくれていて…。

「みんなで上を目指したい」と強く思っている人だと信じ込んでいたから。

 

あまりの衝撃に心と頭が追いつきませんでした。

 

その衝撃は、1カ月近く経った今でも変わりません。

 

SMAPが解散を決めたとき、どんな苦しい言い訳でも何でもいいから、いつでも「ウソでした~!」って言っていいよと思っていたけど、今回もまったく同じ気持ちです。

 

「やっぱり、辞めるの辞めました!」

 

と、いつでも言ってほしい。「もう後戻りできない」とか思わないで欲しい。

 

 


ただ、予期せぬ発表から1カ月が過ぎた今、私の心にあるのは「すばるくんが抜けることがさみしい」という気持ちではありません。


誤解を恐れずに言うのなら、すばるくんの気持ちに寄り添っても、さほどつらくはないのです。ましてや「6人のエイトを見るのがつらい」なんて、そんな先のことまでリアルに想像できてません。

 

私が、会見を見て涙を流したのは、すばるくん以外のメンバーの気持ちを考えると、本当に本当に心臓がえぐられる思いだったからです。

 

もちろん、この決断をしたすばるくんには、とても苦しい時期があったと思います。でも、新しい一歩を踏み出す人は、いつの時代も自分のタイミングで「せーの!」と前を向いて進めるものです。

 

 

ただ、周りの人は違う。

 

 

会見では、メンバーはまだこの現実を受け入れて前を向いていない印象でした。

世間に発表してしまうことで“確定事項”になってしまう絶望感と諦め…。

そんなふうに見えました。

 

でも、私はそれが何よりもうれしかった。

 

もしも、メンバーの気持ちの整理が付いてすべてが完結した状態でこの事実を知らされたら、いくら「ファンの皆さんに直接説明したくて…」という気持ちがあったとしても、やっぱり私は「置いてきぼりにされた」と感じたと思います。

 

でも、メンバーも私たちと一緒の気持ちなんだ。つらくて悲しくて受け止められなくて…。でも、どうすることもできなくて、どうにかこの場に立っているんだ。

 

そう思わせてくれたことが、本当に本当にうれしかったし、救いになりました。

 

子供の頃からいつも一緒に頑張ってきた彼らが、どれほどの絆で支え合いながら東京に攻め込んで来たかは、エイターならみんな知っています。私たちが知っていることも知らないことも含めて、メンバー同士は想像を越える強い絆でつながっていたんだと思います。

 

特に同級生のヨコヒナは、圧倒的な歌唱力とビジュアルでスポットライトを浴びていく渋谷すばるというスターを間近で見ながら、焦ったり、うらやんだり、いろんな気持ちになった時期もあったと思います。でも、それぞれがそれぞれの道を手探りで開拓して、お互いがお互いを補いながらバランスをとって、唯一無二の“三馬鹿”になった。

 

そんな、自分の一部とも言えるメンバーが「嫌や!なんでや!」「辞めないでほしい」「関ジャニ∞の活動を1年間休んでもいい」「どうにかして止められないかな」としつこいほどに気持ちをぶつけても、すばるくんの心は変わらなかった。

その事実は、私にとって絶望に近いものでした。

 

ファンである私たちの力で何かをしたとしても、どんなにラジオにお手紙を書いたり、電車を貸し切ったりしたとしても、もう彼の気持ちは絶対に揺らがないのだ、と。

 

メンバーがそこまで引き止めたのにムリだったのなら、もう彼を止められる人はこの世にはいません。

 

ただ、今まであなたを信じて関ジャニ∞というグループを応援してきたから、どうしても「裏切られた」という感情が沸いてしまうのです。

 

いっそ、「結婚を反対されたからジャニーズ辞めたる!」と言われた方が納得できたかもしれません。でも、あのメンバーの納得できていない顔や涙を見ると、きっとすばるくんが言った「海外で音楽活動を追求したい」というのがすべてなんだろうと思います。
(もしくは「結婚するからって辞めることないやん!」「いやや、俺はもうこの事務所にはいたくない!」という掛け合いがあったか……。いや、さすがにないかw)

 

 

関ジャニ∞にいるとできないこと」

 

 

すばるくんにとって、それは何だったんだろうと何度も考えました。

でも多分、そんなものはなかったんだと思います。

 

ソロでアルバムも出せる、ライブもできる、作詞作曲もできる、紅白にも出られる……。

 

だからこそ、なんでもできてしまうからこそ、

関ジャニ∞という御神輿に祭りあげられているだけなのではないか」

と不安に思ったり、自分の力で地に足をつけて歩いてみたいと思ったりしたのかもしれません。

 

制約があったとすれば、

「自分のやることすべてが大好きなほかのメンバーにも同じように影響してしまうこと」

なんですかね。

 

私には、グループ活動をした経験がないので一生わからないと思うし、わかったような口を利いてほしくないと思いますが、「自由にやる」と言っても、やっぱり何か失敗すれば関ジャニ∞の名前に傷がつくし、ジャニーズ事務所にも傷がつくし、全責任を自分だけが負うというわけにもいかない。それが、大きな事務所と人気グループに守られていることのある意味での窮屈さなのかもしれません。

 

仕事を共にするのは、友達とは違います。

 

私は、仲がいい友達ほど、一緒に仕事はしたくないと思っています。自分の嫌な面も、相手の嫌な面も見せ合うことになるから。許せる範囲も狭くなって、友達の時には言わなくてもよかったことまで言わなければいけなくなるから。

だから、仕事も一緒なのに友達として仲がいい、というのは本当にすごいことだと思っていました。ヨコヒナが普通。(…いや、一般社会に置き換えるとあの二人も仲がいいくらいかも)

 

だから、きっと仕事の面では、仲良しこよしではいられないぶつかりあいや気持ちのすれ違い、温度差も、これまで何度もあったと思います。

でも、それは「グループを抜ける」という発想とは、むしろ真逆なんじゃないかと思うんです。結局はみんな「グループを良くしたい」という同じゴールに向かっているからこそのぶつかり合いだから。

 

「抜ける」というのは、もうグループの一員ではなく「他人になる」ということです。「当事者」ではなく「部外者」になることです。

でも、渋谷すばるという人間が、メンバーとの気持ちのすれ違いや温度差を埋められずに、同じゴールを目指すことを諦めてグループを見捨てたとは思えない。

 

きっと、すばるくんの気持ちはもっとシンプルで

 

「大好きなグループに迷惑をかけずに好き勝手に大暴れしてみたい」

 

ということなのかもしれません。

 

関係性を断つことで守れる絆もあるから。

 

そこまで理解しようと努力をしても、どうしても心の片隅には「裏切られた」という黒い感情が残ってしまいます。そこまで説明されても、きっとメンバーは「思いっきり迷惑かけてよ!」と心から言うと思うから、やっぱりグループを抜けるのはすばるくんの勝手な決断だということに変わりはありません。

 

でも、今まですばるくんが私たちにぶつけてくれた言葉、その瞬間の感情には、決してウソはなかったのだと信じています。

 

 

大倉くんが腸閉塞でライブに出られなかったとき、目を真っ赤にして泣いてくれたこと。
ソロでライブをするときに「関ジャニ∞」というTシャツを着てくれたこと。
ヨコと亮ちゃんのどちらも選べないほど、みんなを大好きだと言ってくれたこと。
ライブ前にメンバーひとりひとりとハグをして緊張をほぐしてくれること。
2人で始めた舞台がきっかけで、その後も一人舞台を続けるヒナちゃんを「俺との場所を守り続けてくれている」と理解して応援してくれたこと。
関ジャニ∞ファンクラブ会員番号1番の会員証を持っていること。
ライブ会場にいる人もいない人も、すべてのエイターに届くように天に向かって「エイター!」と魂で叫んでくれることーーーーー。

 

 


その瞬間にウソはなくて、100%本気でそう思っていたと思います。

私の目に映る渋谷すばるとは、そういう人間でした。

 

 

今年の1月に気持ちが固まったという言葉を聞いた時、

 

「なんでいつもと同じようにライブをしていてくれなかったんだろう。もしも考えるヒマがないくらい忙しかったら…、エイターの喜ぶ顔を見ていたら…、メンバーと一緒にいたら…こんな決断をしなかったんじゃないか」

 

そんなふうに思いました。

 

でもそれは、すばるくんの心の中にある本音をだましだまし閉じ込めて、悲しい現実を先延ばしにしているだけなんですよね。

 

でも、今はまだ「がんばれ」とは言えずにいます。

「行かないで」という気持ちから、「生ぬるいことしたら承知しないんだからねっ!」というくらいまでには心は回復したけれど、きっと6人の関ジャニ∞を生で見て、現実を受け入れて前を向くまでは全力で応援できないんだと思います。

 

ただ1つ。

 

私が今回のことで強く実感したのは、ファンという立場の私は、

 

「すばるくんが関ジャニ∞を抜けたとしても直接的に私の人生が変わるわけではない」

 

という当たり前の現実です。

 

そりゃもちろん、今まで楽しみにしてきたテレビ番組ですばるくんを見れなくなったり、楽しみにしていたライブが悲しい気持ちに支配されたり…と、日常の変化はゼロではありません。

 

ただ、すばるくんがいなくなることで、

自分の仕事がなくなるわけでも、収入が減るわけでも、結婚が遠のくわけでもないんです。

ドライに聞こえるかもしれませんが、どんなに真剣に応援していても、心の支えになっていても、身近な存在に感じていても、ファンとはそういうものなんですよね。

 

でも、すばるくんにとっては自分の人生を変えるとてもとても大きな決断です。それを止める権利が「ファンだ」というだけの私にあるのか…。それを考えると、何も言えませんでした。

 

ファンとアイドルは不思議な結びつきで、特にエイトはとても強く結びつきを感じさせてくれるから、ついうっかり勘違いしてしまいそうになります。

 

でも、もしもファンが「行かないで」「さみしい!」とすばるくんを求めて彼が人生の決断を変えたとしても、数年後には別のグループのファンになっているかもしれないし、子育てに奮闘してオタク活動から遠のいているかもしれない。

 

もちろん、言葉の重みを受け止めて一生涯すばるくんを支え続ける人もいると思いますが、結局はファンとアイドルというもろい結びつきでしかないんです。

 

だからこそ、彼らは応援してくれる人を「ありがたい」と感じているのだと思います。

 

ただ、メンバーは違います。

 

すばるくんが抜けたことでの影響をダイレクトに受けます。

もしかしたらCM契約が切られるかもしれない。歌番組のオファーが減るかもしれない。紅白に出場できなくなるかもしれない。歌割りもフォーメーションもすべてが変わります。

 

そんな彼らが、「もう、どう頑張ってもすばるくんを引き止められない」と観念したときの気持ちを思うと、胸が張り裂けそうです。

 

もちろん、すばるくんが抜けた穴を埋めるための努力がつらいわけじゃなくて、仲間がいなくなることがつらいというのは大前提としてあるのですが、ダイレクトに自分の人生に関わる決断をした彼を応援する、というのは並大抵の覚悟ではないと思います。

 

これからはきっと、友達としてずっとずっと関係性は続いていくのだと思います。

 

せめてそれは続けて行きたいからこそ、一方的に終わりにするのではなく、何度も話し合ったんだと思います。

 

でも、残念ながらただのファンである私は、その様子をもう愛でることはできません。

 

関ジャニ∞が家族なら、

「実家を離れて一人暮らしをしたい」

という次男を

「いなくなったら寂しい」

「今までずっと一緒にやってきたじゃん!」

という理由だけで引き止めるのは、あまりにもエゴです。

 

「今までキミが担当してきたお風呂掃除は誰がやるんだ!」

「一人暮らしをしなくても、実家から大学に通えばいいじゃない」

 

そんなふうに説得して無理矢理引き止めても、意味がないことぐらいみんなわかっています。

 

ただ、“戸籍を抜いて”一人暮らしをするのは、あまりに極端すぎるから、周りはみんな驚いてしまったんですよね。

 

でも、

 

「0か100か」「やるからには死ぬ気で」。

 

それが渋谷すばるの生き様なのかもしれない、とも思うのです。

 

それに、そこまでしないと、ちょっとでもつらいことがあったらすぐに実家に戻ってきてしまいそうな弱い自分もいる…。それくらい、関ジャニ∞は居心地がよくてあったかい居場所だということなのかもしれません。

 

すばるくんは、今後の人生のすべてをかけて

 

「大切なものを捨ててまでもやりたかったこととは何なのか」

 

ということを見せつけていくのだと思います。それを見せつけていくことでしか、すばるくんの決断の本当の意味を証明していく術はありません。

 

今もまだ、私の中には「なんで?」「いつから考えてたの?」「今の状況のまま夢を実現することはできないの?」という疑問だらけです。

私が思いつく限りの疑問は、嫌というほどメンバーからも周りのスタッフさんからも聞かれ倒してきたのだと思います。それでもやっぱり、直接聞くまでは納得できないと思ってしまうのです。

 

「スバラジ」ですばるくんが語った言葉は、今年のツアーを6人で回る決断をしたメンバーの気持ちを擁護する内容でした。きっと、すばるくんの耳にも「7人でツアーを回ってほしかった」「事務所がそれを許さなかったのではないか」という声が届いていたんだと思います。
でも私は、すばるくんの本音が聞ける唯一の場所で、メンバーの気持ちを想像して代弁するのではなく、すばるくん自身が決断に至った経緯を教えてほしかった。

 

「タレントにしかわからない気持ちがある」

 

それほどの強い言葉を発するのなら、その気持ちをあなたが名付けた“エイター”に、諦めず、丁寧に教えてほしかったです。

 

サタプラで小堺さんが言ってくださった

 

「好きなものが2つになったと思えば、ね」

 

という言葉がとても心に響きました。オタクとして、「追うものが2つに増えて楽しさが2倍になった」と思える日まで、私はエイトもすばるくんも見守っていきたいと思います。

 

そして、ここまで長々と語っておいてなんですが、私は丸山担なので(すばるじゃないんかーーい!ww)、これからも強火渋谷担の丸ちゃんが元気に活動していけることを心から祈っています。

 

そして……、最後の最後にド不謹慎を承知でぶっこみますが、

 

「すばるとか山口とか、最近のジャニーズ事務所ヤバくね?」

 

という風潮に、「いやいや俺、別に悪いことしてへんし!!!!」と全力でツッコんでくれていたらいいなと思っています(笑)。

こんな、ちょっぴり残念な感じもエイトらしいなぁ、なんて思ったり…。

 

大好きな人が、今日も変わらず元気に活動してくれていることの幸せをしっかり噛み締めながら、これからもジャンジャン、ジャニーズ事務所に愛という名のお金を注いでいきたいと思います!←

 

 そして、とてもとても矛盾したことを書きますが、すばるくんがもしこれからいろんな十字架を背負って生きて行こうとしているのなら、

「ファンを裏切ってしまった」

という十字架だけは、どうか1ミリの罪悪感も持たずに、一番最初に

ポーーーーーーイ!!!!

と遠くに捨ててしまってほしいと思うのです。

 

ファンは大丈夫。元気だから!

心に傷は負ったけど、あなたの代わりはいないけど、

また別の楽しみを見つけてそこそこ楽しく生きて行くから。

 

だからどうか、進む道を決めたのなら、後ろめたさを感じずに思いっきり暴れてください。

 

「やっぱり辞めるのや〜めた!」

 

そう言ってくれる日をいつでも待っているから、今は、身軽になった体で大暴れしてほしいと思います。

 

でもまだ「ありがとう」とか「頑張れ」とかは言ってあげないんだかんねっ!(←結局、めんどくさい系女子ww)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私、今さらKinKi Kidsの沼に落ちました

『Endless SHOCK』をついに観に行ってしまいました。

 

しかも2回も!

 

f:id:yazaai:20180312215817j:plain

 

しかもしかも、2回目は幸運にも前から10列目あたりのど真ん中のお席に誘っていただき、終始「吐きそう…!」と思うくらい、王子が目の前&真上におりました。

 

私は、中学生のときSMAPという最強集団に出会い、木村拓哉様をそれはそれは崇拝しておりました。
※話すと長くてキモいので、万が一、「聞いてやってもいいよ」っていう珍しい方がおりましたら、過去のブログをご参照いただけますと幸いです。

 

KinKiさんたちは、昔SMAPのバックについていたので「ほんまに頼りにしてまっせ~」「むっかっしなつかし、わらべ歌~♪」と、かわいく踊っていた時に生で観た記憶のみ。

といっても、年齢的にかなりドンピシャな上に、彼らの「現役感」はすさまじいので、私の人生の中にKinKiさんの曲や活動が自然と刷り込まれていたのは事実です。


でもでも、まさかこんなにも沼に落ちるとはまったく予想していませんでした。

 

私が沼に落ちたのは、確実に東京ドームでのコンサートがきっかけです。

 

私は、「SMAP沼」に定住した後、新たに「関ジャニ∞」という底の見えない沼に落ちまして、立派なエイターとして日々楽しく暮らしておりました(←なぜか童話風)

 

お友達の少ない私ですが、エイターを愛する「相方ちゃん」と呼べる人がいて、それはそれは毎週末、彼女の家に集合してはエイトのDVDを観て「かわいい、かわいい♪」と盛り上がっていたのでございます。

 

が…! ある日のこと。

 

相方ちゃんが「KinKi Kids」という沼に落ちました。
(しかも私の足首をガッチリとつかんだまま)

 

正確に言うと、相方ちゃんは“出戻り”で、学生時代にはKinKiさんのライブに行ったりアルバムを買ったりしていたんですよね。

そんな、KinKi熱が再燃した相方ちゃんと、週末はKinKiさんのDVDを観てキャッキャするようになりました(外に遊びに行けよww)

 

でも、今思えばこの時の私は、まだ沼の入り口に立っていたに過ぎなかったのです……(急に恐い話風)

 

あと一歩のところで踏みとどまる私に、相方ちゃんから

「東京ドームのコンサートチケット」

という沼への招待状が届きました。

 

怖いな、怖いな。なんかヤダなぁ……

 

とは一切思わず、ソッコーで(なんなら飛び跳ねながら)お誘いを受けたのでした。

 

KinKiさんのライブは、沼のフチに立つ前から「生きてるうちに一度は行ってみたい」と思っていたんですよね。「二人の神々しい姿と美しい歌声を生で聴いてみたい!」と。

 

それに、不謹慎な理由かもしれませんが、剛さんが突発性難聴を患ってからは、とても彼の状態が気がかりでした。

彼が病状を語るたびにメンタル面も含めて“堂本剛”という人間に強く惹かれ、彼の“概念”を理解したいと思うようになりました。


それと同時に、隣りにいる“堂本光一”という人のスタンスや「KinKi Kids」というユニットのバランスに惹かれるようにもなりました。

 

そんなこんなで人生で初めて生のKinKiさんを観に行くことになったわけです。


フルオーケストラを背負って歌う二人は、もう、本当に、「同じ世に生きる同じ人間」とは到底思えませんでした。

 

剛さんのツヤっぽくて憂いのある歌声と、光ちゃんの力強くて繊細な歌声。
別々なのに一緒で、「KinKi Kids」でした。

 

ペンライトもうちわもない、ジャニーズのコンサートでは異例の雰囲気だったけど、開始2曲で泣きました。

 

一生懸命、音を聴きながら集中して歌う剛さんと、きっといつもと何も変わらないのであろうブレない精神で堂々と歌う光ちゃんが尊くて、尊くて…。

あまりにも美しくて

 

「本当にあそこに立ってる? 初音ミク的なヤツじゃない? ペラペラじゃない!?」

 

ってずっと思ってました(笑)

 

そんな衝撃の生KinKiさんを経験した時点で、すでに足下は完全な沼地ですよ!(すでにユッルユルのヤツ)

 

そんな私を、「あーらよっ!」と沼に突き落とした偶然がもう1つ。それは……

 

エイトさんが年末年始にツアーをやらなかったことです!!!(ドーーーン)

 

これだけ聞くと、かなり意味不明ですよね。
でも、実はこれが結構大きくて。

 

エイトは今まで夏は小さなアリーナ会場で「リサイタル」、年末年始はドームツアーというのがお決まりでした。でも、去年からドームツアーが夏にお引っ越しになり、年末年始はライブがなかったんです。

 

でもでも、年末年始って一番お休みが取れる時期じゃん?(社会人的に)
しかも、やっぱり年末年始って「どっか行きたい欲」がすごいじゃん!?(オタ的に)

 

そんなとき、私の耳にどこからともなく

「KinKiのカウントダウン、行っちゃえよ! 京セラドーム、行っちゃえよ!!」

というささやきが聞こえたのです…!(いやもう、それ自分のさじ加減だから)

 

相方ちゃんは、私より先にズブズブだったので

私「カウントダウン行く?」
相方「行くー!」

ということで、ソッコーでチケットを探して遠征してしまったのです。
(幸運なことにチケットをお譲りいただけたのも神に導かれてる←)

 

開演は夜10時だったので、それまではホテルで紅白歌合戦を観てエイトを応援しつつ、いざ出陣!
席についてみたら、これがまぁなんとも神席で目の前にお二人がいるという

「これって今、現実?」「夢?」「ちょっとなんか吐きそう…」

というこの世で一番最高の年越しを経験したのでした。

 

KinKiさんは、お衣装も本当にすばらしくて

「この二人はどこの国を統治してるの? その国の名前教えて! 一生、税金納めたい!!」

と重たい愛の押しつけ願望を抑えきれないほどの王子感と気品に溢れているんですよね。

 

「The・王子」の光ちゃんは、襟が高めの白いジャケットに白いパンツでブーツin。白馬に乗ってやってくる系男子。
アンニュイな魅力を持つ剛さんは、奇抜にカットされた布を芸術的に縫い合わせた世界各国のオシャレを融合した衣装。優しい笑みをたたえてお城でお出迎えしてくれる系男子。

 

ロープレのゲームなら、

光ちゃんは剣を武器に敵陣に切り込んで行く勇者。

剛さんは、謎の呪文で体力回復してくれる魔法使い。

↑私の脳内ではこう変換されてる♡

 

あぁ…なんでこの二人が出会ったの? 運命? もう…神様……、尊すぎてしんどい…。

 

しかも、二人のお衣装はまったく違うデザインなのになんだかシンクロしてて、もう…「作った人誰ですか?」「この想い、どうしたらあなた様に伝えられますか!?」っていう感謝しかなかったです。

マジで衣装展やってほしい!何時間並んでも観に行く!!(熱望)

 

 

と…まぁ、お衣装だけでもこの熱量で語れるくらい、気づけばズブズブになってたわけです。
でも、こんな「沼に落ちるしかないロード」を歩んでも踏みとどまれる人っていますか? いたらぜひとも教えてほしい! いや、絶対いない!!←自己肯定

 


で、で! そんな沼落ちホヤホヤ(←なんか新語が誕生した)の私に追い打ちをかけたのが『Endless SHOCK』ですよ!
こんなに立て続けに現場があるなんて、いくらなんでも怒濤すぎやしませか? これで落ちない人いる?(いない!!←自己肯定ver.2)

 

私、今までSMAP関ジャニ∞関連しか生で観たことがなかったので、ジャニーズのお家芸と言われるフライングを観たことがなかったんですよ

(ついでに言うと、SMAPはJフレもカウコンも運動会も仲間はずれだったので観に行ったことがありません…涙)

 

『SHOCK』には、亮ちゃんも大倉くんも出演経験がありますが、残念ながらそのときはまだ私はSMAP一筋の気が狂ったヤツだったので、間に合いませんでした。

 

そんなこんなで、帝国劇場に足を踏み入れたのも人生初。


駅から近いと聞いてたのに、間違えて国際フォーラムの周りをグルっと一周しちゃったよね(笑)THE・初心者☆テヘッ

 

中に入ると、お客さんはご年配の方も多くて、ご夫婦もチラホラ。なんだか歌舞伎などの伝統芸能を毎年恒例で観に来ている人々…みたいなプロっぽい(?)雰囲気が漂っておりました(急に緊張…!)

 

このとき、私が『SHOCK』について持っていた知識といえば、

「階段落ち」と「二階に降り立つ」

ということのみ。

ストーリーもほぼ知らず、出だしに

堂本光一です。今年も『SHOCK』の季節がやってきました」

って本当の自分として挨拶してくれただけで「こんなの初めて…!」と感動しました(みんなー!私の気持ち通じてるー?)

 

人生初『SHOCK』は二階席だったので、光ちゃんがはしごを渡って二階に“スタッ”と降り立ったときは、

 

「お母さーーん! あのお兄ちゃん、空飛んでるよーー!!!」

 

と叫びたくなるほどの衝撃と感動でした。

それくらい、フワッと飛んでいるように見えて…。

でもでも、ステージに戻って行く時によく見ると腕の筋肉はモリッモリで、本当はものすごい力とバランスが必要なんだと気づいた時には胸が張り裂けそうでした。

 

「いつも通り」「なにごともなく」やるのがどれほどすごいことか…。

なんか思い出しただけで泣きそう。

 

二階席でも十二分に感動して、王子の写真までお買い上げして帰ったのですが、こんな素晴らしい舞台をなんと前から10列目でもう一度観れる日が来るなんて……(涙)

 

2回目の観劇は、ストーリーもわかっていたのでとても集中して観ることができました。ただ、なんといっても

王子が近い!!!ずっと近い!!!!

緊張…!(←王子の視界にお前は入ってないからw)

 

私のホント真上をキレイに旋回する王子は、キラキラしていて同じ人間とは思えませんでした(何度も使っちゃうけど、もうこの表現しか思いつかない…!)

 

どうしたらあんなふうに生きられるんだろう…
私、太ってる場合じゃない!←

 

って思いました(それな)

 

思いっきり腕を伸ばしたら足つかめるんじゃないかってくらいの距離を優雅に舞う王子が、もう…なんていうか…

 

「同じ時代に生まれてくれてありがとうーーーー!!!!!」

 

でした(語彙力)

 

初めて『SHOCK』カンパニーに触れて思ったのは、ストーリーは素晴らしいし、フライングもダンスも殺陣もすべてがエンターテインメントだというのは本当にもちろんそうなのですが、やっぱりカンパニーとしての一体感と、すべてをまとめて頂点に立ち続けている堂本光一という人間のすごさに心が震えました。


“ライフワーク”という言葉には、“ビジネスではない趣味的な”というニュアンスが含まれている気がしてあまりピンと来ないのですが、

この『SHOCK』というものは堂本光一という人生を作り上げる大きな要素なのだろうということをひしひしと感じました。

 

私は、このタイミングで沼に落ちたド新規なので想像でしかないのですが、きっと『SHOCK』という箱に乗り込んだときはこんなに長く大きなものになるとは誰も予想してなかったのではないかと思います。
でも、だからこそ、1600回以上も続けている堂本光一という人は、心底素晴らしくて魅力的でキラキラしているのではないかと思いました。

 

あと、個人的な備忘録として追記しておくと、フライングの金具(?)を付け終わった後、肩トントンして合図するふぉ〜ゆ〜さんに「うん」って目配せする王子が超絶かっこよかったです。

 

あとあと、和太鼓叩くとき、優馬くんと目配せして息を合わせてるのもかっこよかったです!(目配せフェチ♡)

 

観劇後、相方ちゃんの家で大倉くんが出演していたときの『SHOCK』のDVDを観たのですが(帰れよw)
想像以上に同じ展開、同じ動き、同じセリフで、これを毎回、ダレずに全力でやり続けられるなんて…と、本当に尊敬しました。

 

それと同時に、こんなに心震える『SHOCK』という世界に毎年浸りながら、ちゃんと毎回、現実に戻ってきてお仕事してるファンの皆さんって超人!って思いました(マジで)


私は、まったく現実に戻って来れず、こうやって文章を書いて『SHOCK』の世界に浸り続けております(ヤバい世界のトビラ開いちゃった感がすごい…)

 

そして、帰り道に気づいたんです。

 

「こんなにバッキバキでキッラキラで最強な堂本光一の隣りに、同じレベルで別角度から心わしづかみにしてくる堂本剛がいるKinKi Kidsってヤバくない…!?」

 

もしも光ちゃんの隣りにいるのが、うちの会社のさえない男子でも私はKinKi Kidsを好きになるでしょう。それなのに………!(絶望)

 

堂本光一の概念」
堂本剛の概念」
KinKi Kidsというものの概念」

 

これらを理解するために、私は20年にも及ぶこれまでの活動の軌跡を辿る旅に出たいと思います(探さないでください)

エンドリさんも奥深そう…(小声)

 

KinKiさんには、不思議と「もっと早くファンになっていたかった!」という思いは芽生えず、今の二人を好きになれてよかったなという温かな気持ちでいっぱいです。

何年か経って『薔薇と太陽』や『Topaz Love』を聴き返したとき

「私、あの頃、すり切れるほど聴いてたな……(遠い目)」

なんて思う日が来るのかな。

 

ま、ちょっとよくわかりませんが(笑)、今はまだ私が知らない「KinKi Kids」がたくさんある! 観たい! 知りたい! 歌いたい!! というワクワク感でいっぱいです。

 

まずは、帝劇で買った『SHOCK』の舞台裏的なブルーレイを観て「座長・堂本光一」のすごさに触れたいと思います。

もし、ド新規でも受け入れてくださる心優しい図書委員先輩がいらっしゃいましたら、ぜひとも「これは観といた方がいいよ!」というオススメ作品をこっそり教えていただけたら死ぬほど嬉しいです。

 

とにもかくにも、

 

KinKi Kids最高ーーーーー!!!!!!!

 

です!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SMAPがいない世界で思うこと

2017年が始まり、「SMAP×SMAP」の後番組がスタートしました。

 

解散騒動が勃発してから年末まで、私には、どこか現実味がありませんでした。

本当に不謹慎な例えだということを承知で書かせていただくのなら、

年に数回しか会えない自分のおばあちゃんが亡くなっても、日々の生活を今までと同じように送っていると、うっかり亡くなったことを忘れてしまう…みたいな状況と似ている気がします。

現実をふと思い出しても、よくわからなくて涙も出ない。

 

現実を受け止めて、真剣に考えるのが恐かった。

 

だからずっと、解散騒動が出てから、涙が出ませんでした。

 

でも、最後のスマスマを見た日。

初めて号泣しました。

解散を受け止めて悲しいと思ったからじゃありません。

 

「なんでこんなことになってしまったんだろう」

 

涙の理由はただそれだけです。

メンバーみんなの無念さを思うと、涙が止まりませんでした。

 

私は、ファンとしては失格なのかもしれませんが

署名をしたわけでも、『世界にひとつだけの花』を買ったわけでも、新聞に投書したわけでもなく、ただただ日々を過ごしていました。淡々と。

もちろん、ファンの方々の活動を知ったときには、その行動力と皆さんの愛に感動しました。「こういう活動こそが、未来を変えるのかもしれない」と思いました。

 

でも、何を見ても、聞いても、

私はいつまでも現実を受け入れられなかったんだと思います。

だからこそ、前を向いて行動することもできなかった。

 

そんな私が、今さら何も言う資格はないのかもしれませんが、今の私の正直な気持ちをどうしても綴っておきたくて、文字に残すことにしました。

 

大前提として、私の中には今、怒りの感情はありません。

ジャニーズ事務所にも、誰か個人に向けても、怒る気持ちはわかないんです。

それはもちろん、私が仏のような心を持った人間だからじゃありません。

 

自分の中で、腑に落ちるいきさつがわからないからです。

 

こうなってしまった理由をちゃんと聞いて、事務所が悪いと思ったときは、誰も止められないほどに怒り狂うと思います。

もしも特定の個人のせいでSMAPが解散したのだとしたら、私は一生許しません。

 

でも今は、それさえもできないんです。

誰も真実を教えてくれないんです。それがものすごく悲しい。

そしてこの先もきっと…。

 

ただ、私が勝手に信じていることは、SMAPのメンバーはみんな「同じ目的に向かっていた」ということです。

4対1に分かれてしまったという報道は、正直最初は信じられませんでした。

でも、今の彼らの活動を見ているとそれは本当なんだと思います。

 

だけど、

これはただの結果であって、真実ではない。

 

私はそう思っています。

 

彼らが目指していたのは

 

SMAPを守ること」

 

ただそれだけだったと信じています。

そのために選んだ手段が、たまたま木村くんと他のメンバーで分かれてしまっただけ。

どっちが正しいとか間違ってるとか、そういう話ではないんだと思います。

 

12/31。中居くんがラジオで話してくれた気持ちは、本当に心に響きました。

「こういう人だから信頼できるんだ」と、改めて思いました。

 

芸能人を応援するファンの気持ちは、本当に純粋です。

 

年齢も性別も国境も美人もブスも関係ない。本当に透明でピュアなんです。

大人になっていろんなことがわかったふりをして

「アイドルだって人間なんだから…」

なんてスカしていても、ファンはいつでも“キレイゴト”を信じているんです。心の底ではみんな。

だからこそ、自分の顔も名前も知らない相手に愛情を注いだり、本気で怒りを感じたりできるんです。

 

でも、ピュアなものってきっと、純度が高いから、

受け止めるにはすごく強くて重くて大変なんだと思います。

だけど、「ピュアは正義」だから、はね除けようとする人を世間は「人でなし」とか「不道徳な人間」だと認識する。

 

あんまりうまく言えないのですが

アイドルは本当に大変な立場だと思います。

 

SMAPは、そんな何千、何億というピュアでまっすぐな想いを受け止め続けてくれました。

 

そして、中居くんはそんなファンの気持ちを十分理解してくれていたんですよね。

「ピュアでまっすぐな思いが、ちゃんと心に届いた」と。逃げずに受け止めて、ラジオを通じてしっかり返してくれました。

 

これがどれほど幸せなことか。

これがどれほど大変なことか。

 

私には、本当のところはわかりませんが、想像しただけでも心が壊れてしまいそうです。

 

中居くんは、「この1年の自分の言動や行動がすべて正しかったとは思っていない」と言いました。

そして「僕は、自分がどこで立ち止まったのか、どこで道草を食ったのかを確かめながら進みたいタイプ」「来年はどういうふうに過ごしていこうか全然考えていないけど、噛み締めながら進みたい」

とも言いました。

 

私はこの言葉を聞いて、中居くん自身も、どうしてこうなってしまったのか、まだ自分の中で咀嚼しきれていないのかもしれない、と思ったんです。

 

だから今、周りがいくら「真実を教えてください!」とわめいても、隠しているのではなくて、本当に話せないんじゃないかなって思ったんですよね。

 

このラジオを聞いて、私は本当に号泣しました。

でも、中居くんがまだこうなった理由について腑に落ちる答えを持っていないのなら、いつか本当のことを伝えてくれるまで待とうという気持ちになれました。

例え、この先、一生待つことになったとしても。

 

中居くんが「SMAPを守れなかった理由」を見つける日まで、私は信じて待ちます。

 

こういうピュアな思いが、彼らを苦しめてしまうのかと思うと本当に胸が苦しいのですが、これが今の私の素直な思いです。

 

支離滅裂ですみません。。

不特定多数の人に公開せずに、「ノートにでも書いとけよ!」って感じですよね。

はい、ホントすみませんでした…。

 

 

 

 

 

 

 

 

男性アイドルの結婚について思うこと

V6の長野博さんが、ご結婚されました。

ジャニーズにおける「結婚していいのは1グループに1人まで」という、まことしやかに囁かれていた掟を破り(TOKIOは結局この掟を守っているのでギリセーフ)、世間的には祝福ムードでのゴールインとなりました。

 

私は、世代的にはV6ドンピシャなのですが、当時からずっとSMAPに狂ってたので(マジで気が狂ってました)正直、長野くんの結婚にショックを受けたか、と言われればまったくの無傷です。

 

ただ…今回のことで思ったのは…、批判を承知で叫ばせていただきますと

 

やっぱりアイドルには結婚してほしくない!!!

 

というなんとも自分勝手な気持ちです。

 

このブログの中でも、何度か書かせていただきましたが、

私はもともとキムタクこと木村拓哉様を応援しておりました。もちろん、今でも応援してます。

応援というとお上品に聞こえますが、言ってみればガチオタってやつです。

なんなら追っかけ…通称オリキでした!

結婚されたときは、そりゃあもう泣きましたよ。音信不通になって周りの友達にも、親にも心配されて…。

グッズや雑誌などなど、関連ものはすべてソッコーで実家に送り返してやりましたよ!おっきい段ボール3箱分!!(捨てないんかーい!笑)

 

「次に拓哉くんに会えたら(もちろん出待ちの現場で一方的にね♡)これ渡そう」って思って用意していたお手紙やプレゼントも、すべて実家に送りました。

 

当時、木村様は28歳。

今考えてみても、この歳で結婚というのは衝撃的です。しかも、本当にアイドルとして仕事もノリに乗ってる“現役ド真ん中”のタイミングで。

結婚会見後の年明けすぐに、『HERO』がスタートするっていう時期ですよ!?

振り返ってみても、よくもまぁ事務所からお許しが出たと思います。

(多分、想像を絶する話し合いが連日なされたことでしょう)

 

でも、「苦労に苦労を重ねて事務所を説得してまでも結婚したかったんだな…」とか、考えれば考えるほど裏切られた感は募る一方で…。

キモいことを承知で言えば、結婚して16年経って、お子さんもすでに高校生になっているであろう今でも、

 

まだ受け入れてません!!!!(きっぱり)

 

痛いですね〜。はい、しかも私、アラサーどころかアラフォーになってしまいましたが、未だ独身&彼氏なしです。我ながら痛い!! あはは(←誰か一緒に笑って)

 

ショックを受けたり裏切られたと思ったりするのは、「あの、抱かれたい男No.1のキムタク様と結婚できると思っていたからか?」と言われると……

 

まぁ、思ってましたよね。気が狂ってたんで(笑)

 

とはいえ、心から本当にそんな未来を信じていたかと言われれば、私だってさすがに無理だろうということには気づいてました(一生懸命自分をだましていたけれど)。

合コンに行っても、どうということのない一般人にさえモテない私が、天下のキムタク様のお眼鏡にかなうだなんて、最高に都合のいい妄想をしたとしても、現実味がないことぐらい、気が狂っていてもわかります。

 

でも、それでも信じていたかったんです。

「自分があきらめなければ、可能性は残っているのだ」と。

注:名言風に言ってますが、ガチオタが木村様と付き合う可能性の話です

 

だから私は、いまだに「らいおんハート」は地獄の歌だと思っているし、ファンの皆さんが「好き」っていうたびに「ほんとーに? よーく考えてみて! 本当にあの時期に歌われたあの歌詞の曲、好きですか!?」って問いただしたい気持ちでいっぱいになります。

 

でも、じゃあ、どうしてもらえば納得だったのか。

ずっと生涯、独身でいてくれればよかったのか? と聞かれると、正直よくわかりません。

(だって担当が早々に結婚しちゃった私には、経験できなかった未来なのですから!)

 

なので、これはあくまでも想像なのですが、木村拓哉がもしもいまだに独身だったとしても、やっぱり私は関ジャニ∞にハマっていると思います!(なんという自分勝手! 我ながら潔い!!)

 

初めてこのブログを読んでいただいた方に改めてお伝え致しますと、私は今や立派なエイターとして日々楽しく生きております。

 

オタなんて勝手なものです。

 

アイドルには結婚してほしくないけど、自分は別のグループに心変わりするし、結婚だってする(私はしてませんけども)

それは本当にそうなんです。これを言われたら何も言い返せません。

 

「でも、アイドルはファンからお金をもらって生活しているのだから、私たちとは違う」

「結婚はやっぱり裏切りだ! 金返せー!!!」

という主張も理解できるし、そういう気持ちも正直あります。

 

だけど本当は、その時々でちゃんと満足させてもらっているから、需要と供給、対価と報酬で言えばチャラです。

ライブに何回も行ってお金をつぎ込んだとしても、チケット代分の満足は毎回もらっているし、旅費だってオタ友との楽しい思い出になってます。

しいていえば、「CM契約が決まってるのは世間の声のおかげだかんね!!」ってことくらいかな(まぁこれも、言ってしまえば本人の努力なんですけどね)

 

何を言いたいかというと、ファンは自分勝手な生き物だということです(←それな ←使い慣れない若者言葉を入れてみたよ

 

アイドル側からすれば、熱愛や結婚が世間の目に触れるたびに、そんな納得のいかない主張を“正義”かのように振りかざしてディスり、叩きのめしてくるオタに、「正直しんどい(©堂本剛」と思っていることでしょう。

 

でもそれは絶対に言ってはいけないから、「ファンのみなさんあっての僕らです」という気持ちを忘れてはいけないと教え込まれているから、マジメに上を目指しているアイドルであればあるほど、さぞや大変だろうと思います。

 

そこまで全部、理解した上で、それでもやっぱり……

 

アイドルには結婚してほしくない!!!

 

と思ってしまうのです。

 

「自分の声で直接ファンの皆さんに報告したいから」という理由で、何カ月も前からオタが楽しみにしていたコンサートで結婚報告をするのは、間違ってます。

それはアイドルの自己満です。

 

「お世話になっているファンの方に誰よりも早く伝えたいから」と、突然自宅に結婚報告のお手紙を送りつけるのも間違っています。無防備な心で、そんな衝撃を受けたらファンは死にます。

それもアイドルの自己満です。

 

入籍当日に生放送で報告するのも間違ってます。メンバーや周りのみんなに祝福されている様子を見るのも辛いし、本人の幸せそうな顔を見たら、嫌だなんて言えなくなります。みんなと同じように幸せを喜べない自分にも落ち込みます。

だから、これもアイドルの自己満です。

 

相手が芸能人だなんてもってのほかです。

顔が見える人と結婚されたら、イヤでも想像してしまいます。

それに、お相手の方のブログや出演番組から漏れ聞こえる生活感に、現実を突きつけられて死にたくなります。

かといって、一般人もイヤです。

「どこで知り合ったの?」「なんであなたなの?」「どんな黒い手口でモノにしたの?」「あなたより私の方が何百倍も好きなのに!!」

そんな感情が渦巻いてしまいます。

 

……結局、どんな報告の仕方をされようが、どんな相手を選ぼうが、受け入れられないんです。

 

木村様が結婚した時、「なんで相手がこの人なんだ!!!」という声はたくさん聞きました。私も思いました。「せめてもうちょっと別の人と……」と。

 

でも、今ならわかります。

 

許せる相手なんて世界中探してもいないんです!

 

誰でもイヤなんです。

でも、こんな子供じみてて矛盾してて自分勝手な気持ちを吐き出せないから、みんな周りが納得するような“批判できること”を探しているだけなんですよね。

 

アイドルの結婚に、理屈は通用しないんだと思います。

嫌なもんは嫌なんです。

 

「もう40歳も過ぎてるんだし」

「長野くんならいいでしょ」

 

そんな理屈は、本当に愛でていた担当さんには通用しないと思います。

(もちろん担当様の愛し方は人それぞれなので、心から祝福していらっしゃる方が大勢いることも理解しております。あくまでもこれは、私個人の見解としてご理解くださいませ)

 

じゃあ、どうすればいいのか。

アイドルは一生独身であるべきなのか。

 

それは私にもわかりません(The・無責任!☆)

 

きっと、もっと近い存在なら逆に許せるのかもしれませんよね。

お友達とか。

アイドルとファンっていう関係だからこそ、受け入れられないんだと思います。

 

今の私は、エイトの誰かが結婚したらどんな気持ちになるんだろう…と

思いながら生活する日々です。

(彼らよりは先に結婚してたいなぁ…遠い目)

 

長野くんの結婚を機に、アイドルの結婚について考えてみた結果、

最悪な自分のエゴが浮き彫りになりましたー!(泣)

 

ここまで書いといてなんですが、いやぁアイドルって大変ですね〜。

(みなさん!声を揃えて、せーの!「お前みたいなヤツがいるからだよ!!!」)

 

おしまい。

 

 

 

「イジり」上手な関ジャニ∞がイジメをなくす!?

腸閉塞でお仕事をお休みしていた大倉くんが、驚異的な早さで回復し、復活しましたね。

「もっとゆっくり休んでていいのに…」と思いつつ、オールナイトニッポンで生の声を聞けるとやっぱり「嬉しい」と思ってしまう私。

こういうファンがいるから、ゆっくり休めないんですよね〜。すみません。

 

今回の大倉くんの一件では、いろんな気持ちになった方がたくさんいるかと思いますが、私が感じたのは

 

「イジり」と「イジメ」は違う!!

 

ということです。

(あ、もちろんエイトの絆とか大倉くんの大切さとかは重々感じた上で、ですよ?)

 

大倉くんがラジオで、お仕事に復帰した日のことを話してくれたのですが、メイク室に行くとヤスくんとマルちゃんがいて、

 

「おぅ、チョウ ヘイソクくん!」

 

と、まるで韓流スターのようなあだ名を付けてくれたそうです。

このセンス、抜群すぎません!?

 

コンサートの最終日という大事な日に、自分の体調不良で穴をあけてしまい、メンバーみんなにすごく迷惑をかけた…。

そんな大倉くんの申し訳ない気持ちを吹き飛ばす、すごくすごく優しい「イジり」だと思いました。

 

コンサート開演のギリギリまで話し合いがなされ、最初は「大倉がいないならコンサートはできない」というのがメンバーの思いだったそうです。

でも、「とにかく、やるかどうかはエイターみんなに聞いてみよう」と話はまとまり、伝説のオーラスが開演したという経緯があったとか。

 

そこまでの絆があるメンバーが、仕事復帰した大倉くんを責めるはずは絶対にありません。それは本人もわかっていたと思います。

でも、やっぱりちょっぴり気まずいじゃないですか!?

(学校休んだ次の日って、誰かに迷惑かけてなくても何となくドキドキするし)

 

そんな時に、「チョウ ヘイソクくん」なんて秀逸なイジりができるのは、エイトならではだと思います。

 

で、この話を聞いて思ったわけです。

 

「エイトのようなイジりができる人が増えれば、イジメはなくなる」

 

と。

 

前回のブログにも書きましたが、復帰した時だけでなく、メンバーは大倉くんがいないコンサート中も、ずっとイジり倒していました。

 

「腸閉塞にならないって…言ったじゃないかーーー!」

「よく噛んで食べないと、腸が詰まるよって」

 

と、そりゃあもう、替え歌のオンパレードでイジり続けていたんです。

 

一歩間違うと「笑えない」「本人不在の悪口」になりかねないこの状況で、誰もが感動し、エイトの絆が見えたと感じました。

 

ではなぜ、「イジり」が「感動」に変わったのかと考えると、そこには

 

「愛情しかなかった!」

 

からだと思います。

 

大倉くんが「申し訳ない」と思い悩まないようにするための「愛」。

大倉くんファンが少しでも笑ってくれるようにと全力を尽くす「愛」。

大倉くん以外のメンバーをフォローし合う「愛」。

 

あの空間にいた人達は、みんな「愛情」を感じていました。

 

大倉くん自身は、ラジオで「メンバーはイジりが上手やから」と言っていました。

イジるのがヘタな他の人に「オーラスに出れないなんてすごいオチだね」と言われたときは「はい…。って窓の外見てた」と。

 

でもこれって、エイトのみんなも散々言ってたことなんですよね。

 

「元気が出るLIVEのオーラスにいないって、壮大なコントやん!」

 

って。大倉くんがいないことが「オチ」だと言い出したのはメンバーで、その「イジりベタ」な人も、その情報があったからこそ本人に「すごいオチだね」と言ったんだと思います。

 

でも、これを「ヘタなイジリ」だと感じてしまうのは「愛情以外の何か」が含まれているからなのではないか、と思う訳です。

 

よく「イジり」と「イジメ」は違うと言いますが、これは本当にそうなんですよね。

エイトは、よく誰かをイジります。

 

「ヨコがフリを間違えた」とか、

「ヨコがお財布をなくした」とか、

「ヨコがケータイをなくした」とか。

 

でも、これはすべて笑いに変わるエピソードトークです。

そして、もっとも大切なのはイジられる側も

 

「自分を傷つけないでいてくれる」

「よかれと思って言ってくれている」

 

という絶対的な信頼があるということだと思います。

 

この関係性が「イジメ」ではなく「イジり」に変わる絶対条件なのではないか、と。

 

イジメというのは、ものすごく相手のことを意識していないとできません。

例えば学校でのイジメの場合は、

 

「来た来た! アイツ、もうすぐ教室くるよ!」

「その髪型、生意気なんだよ!」

「アイツ、3組の田中のこと好きなんじゃね?(笑)」

 

などとイジめる材料が必要だと思うのですが、これって

 

「いつ登校して来たのかを知っている」

「どんな髪型をしているのかを知っている」

「誰に特別な視線を送っているのかを知っている」

 

という、アイドルに置き換えたら追っかけ並みにイジメる対象を観察して、意識していないと気づかないことなんですよね。

(ちなみにオリキには、正確な入り時間とその日の服装を秒速でメモする習慣があります。それに、誰かが特別扱いをされることを見逃しません!)

 

結局、やっていることは同じでも、そこに愛情があるかどうかで「イジり」か「イジメ」かは決まるのだと思います。

 

大倉くんの話に戻ると、「大オチでしたね」と言った人は、イジりがヘタだったというよりは、大倉くんにとって「絶対的な信頼の置ける人」ではなかったのではないでしょうか?(勝手にすみません)

 

エイトの場合は、見ている側のファンも「彼らは愛情を持っている関係性だ」ということを認識しているからこそ、すべての話が「イジり」にかわり、不快に思う人が少ないというのもありますが、やっぱり彼ら自身の中に愛情があるからこそ

 

「本当に相手が傷つくことは言わない」

 

という思いやりを感じます。

 

例えば、歌唱力についてメンバーの誰かをイジることはほぼありません。

(自分から言い始めたことについてはありますが)

 

ドラマや映画など、ソロの仕事についてもイジることはほぼありません。

 

「他人の失敗エピソードでウケよう」という自己中心的な発想ではなく、

「このエピソードで相手を“おいしく”しよう」というチームプレー的な考え方があるからこそ、「イジメ」ではなく「イジり」になるんだと思います。

(もちろんこれは、芸歴を積んだ今だからこそ生まれた余裕、という部分も大きいとは思いますが)

 

一生懸命頑張っていることをイジらない。

努力をイジっても笑えない。

 

そんな暗黙のルール…というか「感覚」があるのかな、と。

 

とはいえ、エイトのトークでも、時々ドキッとするエピソードはあるんですよ。

 

ライブ中、亮ちゃんがヨコのために毎朝バナナジュースを作ってあげていたけど、実はアレは「今日はいらないな」と思うときもある、という話とか。

 

これってちょっと「そこ、イジって大丈夫かな?(←亮ちゃんへの過保護な親目線)」ってソワソワしません?

でも、これをバッチリ笑いにかえてくるのは、エイトのトーク技術だと思います。

(あとはもちろん「芸能人」という心構えもあると思いますけどね。エンターテインメントとしてのトークだという自覚がみんなにある、というのが大前提なので)

 

結局この話は、ファンの中で「ヨコりょの萌えエピソード」となったわけです。

そして、「バナナジュース」という神的なユニット曲まで生まれました。

 

上手に話してくれないと、

「横山さんって亮ちゃんのこと嫌いなの?」

「亮ちゃんがかわいそう!」

なんて感想を抱く若い子もいたかもしれないのに、愛情があるだけでなく技術も持ち合わせているエイトは、やっぱりすごいです。

 

だいぶ話がいろいろな方向に飛びましたが、

結局私が感じたことは、「エイトの愛情は深い」ということです!←そこ!?

 

お互いに愛情を感じていれば、例え言い方がキツかったとしても、ヘタな言い回しだったとしても「イジメ」だとは思わない気がします。

 

エイトのイジりが「笑える」のは、やっぱり愛情でつながっているからだと思います(何度も言ってすみません)

 

こんな関係性が築ければ、きっと「イジメ」は「イジり」に変わるんですよね。

…っていっても、これはイジメをやめさせることよりも難しとは思いますが。。

 

大倉くんの腸閉塞から「イジり」と「イジメ」について考えた2016年の幕開けでした。

 

結局、何が言いたいかというと

 

関ジャニ∞最高ーーーー!!!

 

ってことです(雑なまとめですみません)

 

 

 

 

 

オタの私が望むSMAP解散騒動の真相

自分の中でやっと冷静に考えをまとめられそうなタイミングになったので、

今回の「SMAP解散騒動」について書きたいと思います。



私がSMAPと出会ったのは中学2年生の頃。

何がきっかけかと言われても、もう何にも思い出せないのですが、私の人生はSMAP一色、木村拓哉様一色でした。
(ちょっとだけ思い出語ってもいいですか…? ウザい!? こんなタイミングなので、どうかちょっとだけお付き合いを……!)

 

情報の伝達が恐ろしく遅い田舎に住んでいた私は、木村くんが「キムタク」と呼ばれ始めたことを本人から聞きました(あ、Radioね)


当時は本人があまりそのニックネームを気に入っていないご様子だったので、周りのお友達にも「キムタクって呼ばないで!」なんて言っちゃうくらい、痛…じゃなかった。純粋なファンでした(まだ子供だったので許して)


人生で初めて行った名古屋レインボーホール(←現・日本ガイシスポーツプラザ)のコンサートでは、どんな風に乗ればいいのかわからず、お友達と一緒にただぼんやりと彼らを見つめていました。でも、めちゃくちゃ楽しかった!

 


…と、まぁ、こんな感じで幕を開けた私のジャニオタ人生。


そんな私の第一次”ショックから立ち直れない期”は、

2000年問題(と私の中では呼んでます)

 

木村拓哉の結婚!(しかもデキ婚)

 


「もうイヤ! つらい! つらすぎるーー!! 

絶対ファン辞めるーーー!!!」



と思ったはずなのに、翌年からもめっちゃライブに参戦しているから不思議☆


その後も、1人お休みしたり、1人お休みしたり、いろいろ衝撃的な局面はあったのですが、今回の騒動は本当に驚きました。

 


今までも、「キムタク独立!」って号外が出たり、解散説が流れたりしたことは幾度となくありました。

でも、今回はなんだが雲行きが怪しい…。

 

そんなゾワゾワした感じがあったんですよね。今思うと、何でなんだろうと不思議ではありますが。

 



前置きが長くなってすみません。

そんなこんなで、いよいよ本題です!



真相に迫る見解は、私なんかより事情通でおエライ方々がたくさん書いたりしゃべったりしていると思うので、

私は、私の都合がいい解釈をただただ妄想で!書き連ねたいと思います

(ここまで引っぱっておいて、ただの妄想を書くだけっていうオチですみません。。)



私が今回のことでいきついたシナリオは2つ。



1、SMAPオリンピック開会式、ガチで取りに行きますSP

 


2、中居正広、ガチで派閥撤廃しますSP

 


です!!

 



【1、SMAPオリンピック開会式、ガチで取りに行きますSP】

これは、SMAPが「パラ駅伝 in TOKYO」にゲスト出演したことが、私の中での大きな妄想材料です。


「観覧募集」のメールが届いた時、私が最初に思ったのは

 

「2020年の東京オリンピックへの布石だな」

 

ということでした(汚れた大人になってごめんなさい)。

 

 

東京オリンピックの開会式でパフォーマンスすること、もしくは何らかの形で東京オリンピックに関わることは、アイドルやアーティストにとっての悲願であり、ステイタスだと思います。

 


誰もが狙っているイス。

 


そこをガチで取りに行くには、今から地道な活動をしなければいけないのだな、と思ったんです。



「あれ? この人なんで紅白出れてるの?」
「あぁ、NHKで番組やってるもんね」

的な感じで、


「何でSMAPなの?」
「あぁ、パラリンピックのサポーターやってるもんね」

という国民を納得させる実績や活動が必要なのだな…と。



もちろん、本人達はそんなこと思ってないと思いますよ! 純粋にパラリンピックを盛り上げたいだけだと思います。

 



ただ……。

 


もしも今、世間を騒がせている敏腕マネージャー「I氏」が壮大なシナリオを思いついたとしたら……(注:何度も言いますがあくまで妄想です

 

 


東京オリンピックの開会式でSMAPにパフォーマンスをさせたい!」

 

 

「でも正直、このまま何もしなければ選ばれる可能性は低いわ…。そうだ、パラリンピックの応援隊になって、今からスポーツを地道に(公式に)盛り上げていきましょう!」

 

 

※この辺りで国立競技場の設計に国民猛反対などが勃発

 

 

「このままもし、SMAPが選ばれたとしても国民に反感を買ってはダメだわ。世論で変更になる可能性もあるし、仮にパフォーマンスできたとしても、その後のSMAPの人気が落ちてしまう。国民みんなが納得するような選ばれ方でなければ……」

 

 

「……フフッ。SMAP、解散します!!!

 

 



どーですか!?

今回の一件で、国民の誰もが「SMAP解散しないで!」「SMAPは日本の宝!」だと気づきました。誰1人「解散すればいいじゃん」という人はいなかったんです。


この風潮の中で、もしも「東京オリンピックではSMAPにパフォーマンスをしてもらう」という決定が下されたら、反対する人はいるでしょうか!?



正直、何もないままに決まったら「ゴリ押しだ」「癒着だ」「歌下手なくせに」「日本の恥だ」なんて心ない文字がネット中に踊ったと思います。


でも、解散を乗り越えた今なら「応援します!」という声で溢れるのではないでしょうか?
これが、計算されたシナリオだったとしたら…。天才すぎます。恐いほどに。

 


ただ、もしもこんなことが裏で計画されていたとしても、I氏がすごいことに変わりはありません。

 

なぜなら、

 

 

SMAPを開会式に立たせるために、自分の業界人生を断つ」

 

 

という決断をしたことになるからです。

 


そもそもこのシナリオを成立させるには、大きなポイントがあります。

それは…



SMAP本人たちの望みで解散してはいけない」



ということ。


SMAPは、仲がいいです。

木村&中居の2TOPも、仲がいいです。

もちろん、電話したりご飯食べに行ったりする仲ではないと思うけど、ここまで苦楽を共にしてきた、同い年でグループの最年長コンビが、今さら

 

「アイツのこと嫌いだから解散する」

 

って言いますか!?

 


はい、絶対ありえません(キッパリ)

 


そこまで子供じゃないし、そこまで仕事をナメてる人達じゃないと私は思っています。


だからそもそも、解散理由をメンバー本人達の意向として発表するのはムリがあるのですが、それでも、どんなに腑に落ちない理由であっても、本人たちが「そうしたい」と言えば、

「だったら仕方ない」

「私はこれからも応援していく」

という気持ちに落ち着くのがファンというものです。



でも、この「SMAPオリンピック開会式、ガチで取りに行きますSP」のシナリオを成立させるには、それじゃダメなんです!!

 


「メンバーも解散を望んでいないけど、どうにもならない」

 

という流れじゃないと、「解散しないでーー!」という声が大きくならないんです。

 



そこで、今回の騒動ですよ!

 


会社のパワハラとか、4人だけ独立とか、いろんな報道がされましたが、

 

メンバーの誰かが悪者になることもなく、(←ここ重要)

ファン同士が対立することもなく、(←ここも重要)

 

見事に「解散しないで!」という国民一丸となった声を勝ち取りました。これが計画的だとしたら、本当に見事です。

 


ただ、この結末がたとえシナリオ通りであったとしても、I氏は元のポジションには戻れません。これはもともとそういう筋書きなんです。


そう考えると、敏腕マネージャーはとんでもなく敏腕で、愛に溢れています。。(脳内で創造した美談に涙…)



で、こっからまだ妄想は続くのですが…(私の妄想力、恐い!? キモい…??)

 


「誰がどこまで知っていたか?」

 

ということ。



私の中では、中居&木村コンビは知っていたと踏んでいます。

 

だって、あの中居正広が、不動のエース木村拓哉から「オレもジャニーズ事務所、辞めるわ」という意思をしっかり聞いていない段階で、自分の立場を決めると思います?? 

もしメンバーみんなの気持ちが揃わなかったら「解散」になっちゃうかもしれないんですよ?

 

そんなこと、絶対にないと思うんです。

 

だから、二人は計画を知った上で“乗った”んだと思います。


きっと、お世話になったマネージャーさんの悲願であるオリンピックでのパフォーマンスを勝ち取ることが、ここまで育ててくれた彼女への恩返しだったんですよ!

(またしても創造のストーリーで涙…)

 


で、


中居「オレが独立派のリーダーってことにするから、木村は残留派な」

木村「は!? オレが独立する方がリアルでしょ(笑)」

中居「そうなんだけども(笑) あんまり信憑性が高すぎると、『やっぱ戻ります』って時に説得力ねーべ?」

木村「まぁ…な」

中居「木村は、SMAP解散の危機を救ったヒーローとしていてほしいわけよ」

木村「なんだそれ(苦笑)わかったよ」

 

的な話し合いがなされた!(ハズ! 夢の空間!! 生で聞きたい!←)

 


で、下の子たち3人は、まんまとお兄ちゃんズに乗せられたというわけです。


もちろん、メリーさんやジュリーさん、ジャニーさんもこの計画は知りません

(いや、もしかしたら知ってたりして…? 知ってて悪役を引き受けたとしたらジャニーズという企業は末恐ろしい……)

 


びっくりしたり、泣いたり、CD購買運動に参加したりしてくれたファンへのお返しは、2020年の東京オリンピック

 



こんな壮大なストーリーだとしたら、涙なしには語れません。

 


無理は承知で、真相はこういうポジティブな展開だったらいいのにな~と心の中で願っております。
私が大好きなジャニーズ事務所ブラック企業のように語られるは、やっぱり悲しいから。。



思いが溢れすぎて長文になってしまったので、【2、中居正広、ガチで派閥撤廃しますSP】は、また次回!


私の夢物語にお付き合いいただき、ありがとうございましたーーーー!!!

「元気が出るLIVE」オーラスに参加して感じたこと

関ジャニエイトの元気が出るLIVE。ついにオーラスが終わってしまいました。

 

感想を述べたいのですが、やっぱり今回は何といってもオーラスのことを書かずにはいられないので、まずはこの日、私が目撃したことを書き留めたいと思います。

 

いつも時間ピッタリに始まるエイトのライブ。

 

この日はなかなか始まらず、何となくソワソワした気持ちになりました。

そんな時、黒いパーカーを着たメンバーがステージに。ビジョンに映し出されていなかったので、私の席からはメンバー本人なのか、誰なのか見えませんでした。ただ、異様な雰囲気だけが伝わって血の気が引いたのを覚えています。

 

そして、ヒナちゃんが話し始めたときやっと「あ、あそこに並んでいるのは本当にメンバーなんだ」と確信。

 

この時、私の脳裏をよぎったのは、本当に不謹慎なのですが「メンバーの誰かがつかまったとか…?」というSMAPオタならではのトラウマでした。

 

でも、真相は「大倉くんが腸閉塞でライブに出られない」ということ。このままライブが中止になるのかと不安になった時「ライブをやっていいかどうかはみなさんに聞いてから決めようと思いまして」というヒナちゃんの思いがけないひと言が。

 

この時、すでに何だか胸いっぱいでした。

 

大倉くんがいないことで、悲しむ人がたくさんいるってことを誰よりも理解していたのはメンバーだったんだ…と思ったから。

「大倉の分までオレらで頑張って幕を開けよう」という決断も、

「大倉がいないなら今回は中止しよう」という決断も、

メンバー自身が決めることではないと思ってくれたことに、すごく感動したんです。

 

エイトを応援していると、折に触れて「大事にされているな」と感じる場面が多々あります。いつもいつも「ありがとう」の気持ちを伝えてくれるし、いつもいつも「エイターのために」と全力を注いでくれていることが痛いほどに伝わります。

 

こんなアイドルは、正直初めてです。

 

だからこそ、チームとしての関ジャニ∞が好きだし、彼らがもっともっと自由に好きなことができる世界に辿り着けるためなら、食費を切り詰めてでも、仕事を死ぬほど頑張って休みをこじ空けてでも、できる限り応援したいと思えるんです。

オタクからすると、これって本当に幸せなことで…。気持ちが届いてる。返してもらってるって思えるからこそ、「いくら応援しても届かない」っていうアイドルにハマればハマるほど感じてしまう虚無感のようなものを感じないのかもしれません。

だからエイトを応援するのは、苦しくなくて、充実感に満ちているのだと思います。

むしろ、このままが楽しすぎてずっと独身なんじゃ…というのが一番の恐怖だよね…。リアルに。

 

そんなこんなで始まったオーラスのライブ。

 

メンバー全員がステージ裏で円陣を組んでいる場面を大型ビジョンに映し出してくれるという今回の演出。この日は、すばるくんとヒナちゃんの間にカメラを入れてくれて、「エイターも一緒に円陣を組もう」という粋な計らいをしてくれました。

もう、この時点ですでに泣ける。

 

1曲目の「キングオブ男」では、大倉くんの立ち位置は空けたまま。これがまた、「大倉も一緒にステージに立ってるで!」「お前の代わりはおらんで!」と言っているようで泣けました。

 

「がむしゃら行進曲」でサイドの花道を歩き始めたメンバー達。

私の席からは、ヤスくんがとっても近くて、お洋服をめくるとそこには大倉くんのうちわが! その後、うちわをお洋服の下にしまったあとも、上から優しく抱きしめててヤスくんの思いやりが見えました。

 

そこからは、もんじゃいの年上、年下に分かれたカメラアピールもずっと、大倉くんのうちわに向かって歌うメンバーのみなさん。わちゃわちゃ感がかわいい!

 

で、この後はいよいよバンドパート。

大倉くんがいないバンドはやっぱり寂しくて、安定感はなかったけど、みんなが一生懸命に全霊で弾いてるのがビシバシ伝わってきました。

途中、マルちゃんが機材トラブルか何かでベースが弾けなくて、両手を突き上げてピョンピョンしてたのが可愛かった♡

 

キャンジャニちゃんでは、倉子の代わりに安子が毒舌キャラに。

丸子に向かって「ブス!」って言ったり、普段の安子に戻って「丸子はタンバリン好き〜?」って聞いたりととにかく忙しい(笑)

横子に「二重人格になってるわよ」って言われてました(笑)

「丸子には倉子が必要ね」という横子の言葉に「本当にそう。だから今日はすっごく恐いの」と返す丸子ちゃん。個人的にも、ブレないキャラの倉子ちゃんが本当に面白くて、悪口言うのにも頭の良さって必要なんだな〜と思いながらいつも観ていたので、2人の掛け合いが見れなくて残念だったけど、そのぶん、全員が全力でフォローし合うキャンジャニちゃんでした。

 

キャンジャニちゃん達の愛しき人達が歌う「夏の恋人」は、マルちゃん×大倉くん、亮ちゃん×ヤスくん(通称:ヤンマー)で踊るパートがあるのですが、「ここどうするんやろ?」とチラチラ気にするヤンマーに気づき、途中で横山さんがマルちゃんのお相手に!

その直後が横の歌パートだったので、急いで立ち位置に戻って歌ってました。

真ん中にギュッと集合するパートでは、マルちゃんが大倉くんの立ち位置もカバーしようと、顔を左右にヒョコヒョコ出して、一人二役。

 

とにかく最後まで、メンバー全員で大倉くんのいない空間をカバーしようとできる限りのことをしてくれました。

 

マルちゃん、ヤスくん、大倉くんのユニット曲では、まさかのすばる様が光臨! 短パンにサスペンダーにメガネにランドセルという完全なるコナンスタイル(大倉氏の衣装なのでブカブカ)で、がむしゃらに踊るすばる様の可愛さプライスレス!!

途中で、ヤスくんが「よーし、スタート切るぞぉ。よーい、ドン!」って、すばるくんにも動きがわかるように説明を入れてて「天使♡」って思いました。

フリを覚える時間もなかった中、「出た方がええやろ!」という決断をしてくれたことがとっても嬉しかったです。

 

「韻踏ィニティ」という曲中の大倉くんのキメ台詞は、亮ちゃんが代役で「オレんとこ来いや」とバッチリ決めてくれました。

会場のキャーーー♡という悲鳴で二番手のマルちゃんのセリフが聞こえなかったのはナイショ(笑)

 

「とにかく笑ってやってください。それが大倉のためだから」というメンバーの言葉を指針に、腸閉塞をイジって笑いに変えるメンバーについていった2時間半。

 

でもやっぱり……すばるくんの挨拶は胸に刺さるものがあって。

 

ありがとうをいっぱい伝えてくれた後、「6人だろうが7人だろうが8人だろうが関係ない。今の僕らはこれなんです。正々堂々と胸張って、みんなの前に立ててる、今のオレらがすべてです。こうやって支えてくれて、観に来てくれる人たちにまっすぐぶつかっていたい、ただそれだけです」っていう心の叫びを聞かせてくれました。でも、最後に「今日は悲しい思いをした人もいっぱいいたと思うけど…」と言ったところですばるくんの目に涙が溢れ出て。

 

この言葉を口にした瞬間、こらえきれなくなったのが“渋谷すばる”なんだなと思いました。

 

「人数なんて関係ない!オレらは堂々とぶつかっていく」と言い切ったけど、もちろんそれも本心だけど、一度ステージに立つと決めたのだからそれが礼儀だとわかっているけれど、それでもやっぱり、泣きながらコンサートを見つめる緑色の服を着たエイターを目の当たりにして、彼女達の気持ちに寄り添うと、どこにもぶつけられない感情がわき上がってきたんだと思います。

 

これが「カリスマ」と言われる所以なのかもしれない。

 

この時、私はなんだか妙に納得してしまいました。いろんな人の感情を飲み込んで、心も体も傷だらけで、それでも求められる場所がある限り、そこに丸裸で立ち続ける。そんな渋谷すばるという男は、やっぱりカリスマなんです。

歌がうまいとか、顔がかっこいいとか、そんなことは関係ない。

背負ってきたものが、彼をカリスマにしているのだと思いました。目を真っ赤にして涙を流すすばるくんは、すごく「信頼できる人間」でした。

 

細かい部分はいろいろあるのですが、この1日で関ジャニ∞というチームの絆の強さ、エイトとエイターの絆の強さ、エイトとスタッフの絆の強さ、ありきたりな言葉になってしまうけど「みんなで一丸となる強さ」を心から感じました。

 

亮ちゃんは、「オレやっぱり緊張してたんやろな。いっぱい間違えてしまったわ」と話してくれました。亮ちゃんはエースという自覚をしっかり持っている人。だからこそ、大倉くんの代役を自分ができるのならといろいろ引き受けてくれたんだと思います。

自分がたくさん会場を回ることで喜んでくれる人がいるのなら、と。

 

ヒナちゃんは、すばるくんの挨拶を聞いてすごく泣きたかったと思います。でも、最後まで「笑い」に変えてくれました。最後に「特に大倉ファン、がんばれよ!」と屈託なく言えるのはヒナちゃんだからこそだった。

 

ヤスくんは、きっと演奏面でいっぱい支えてくれたと思います。それに、これから大倉くんの精神的支柱にもなってくれるんだと思います。今回、一番辛いのはやっぱり大倉くん自身だと思うから。

 

マルちゃんは、いつも通りみんなにいっぱいファンサをして幸せを届けてくれました。イジられ役のマルちゃんがいることで、どれだけ空気が和んだか…。

 

そして横。

この人は、ピンチの時にすごく冷静に見えました。そして本当に優しい。トロッコや花道で、ファンの目をみて「ありがとう」と優しく頭を下げる横を見ていると、それだけで泣きそうになるくらい優しいまなざしでした。

 

みんながみんな、全力で駆け抜けたオーラス。年上組の安定感はハンパなく、頼れるお兄ちゃんたちがグループを引っぱっている部分は大きいんだなと実感したりもしました。

 

大倉くんファンの方は本当に悲しい思いをしたと思いますが、とても貴重で感動的なコンサートでした。

 

そして今、私が心から願うのは、大倉くんが「元気が出るLIVE」を思い出したとき、悲しい気持ちにならないでほしいということだけです。

ファンはみんな全力で楽しんだから。泣いたり笑ったり、一緒に思い出を作らせてもらえたから。だからどうか、一日も早く回復して「オレ、めっちゃかっこ悪いやん!」って笑ってくれることを願っています。

幸せそうにたくさん食べる姿も、できれば見せてほしいです。(もちろん健康第一ですけどね!)

 

「未来に絶対、はない」

 

これを心に刻み込んだオーラスでした。

昨日と同じ公演、予定通りの公演が観れることはすごいことなんですよね。

 

どんなDVDが発売されるのかはわかりませんが、肌でエイトの魂を感じた、文字通り「元気が出る」LIVEでした。

 

エイトのみんな、参加したエイターのみなさま、そして何より大倉くん!

ほんとーーーに、

お疲れさまでしたーーーーー!!!!